市販・通販で買える白髪染めコスパ比較※※価格だけで選ぶと損するぞ!!※※

今までは1ヵ月か2ヵ月に1回のカラーリングで済んでいたのに、白髪が生え始めた途端、急に毎月のケア代が高くなりますよね。

しかし、ケア代を安く抑えたいからといって、市販品の安い白髪染めを使っているみなさん、あと何年かすると髪や頭皮が悲惨なことになってしまうかもしれませんよ!

今回は、髪や頭皮へ負担を与える成分をいくつか解説した後、市販・通販の白髪染めに含まれている成分を比較、本当にコスパが良い白髪染めが一体何なのか、追究して参りたいと思います!

将来のヘアスタイルに影響大!髪や頭皮へダメージを与える成分たち

頭皮 白髪 将来

まずは髪や頭皮へ負担を与えてしまう成分をしっかりと学んでいきましょう。

優秀な染毛力と恐ろしいダメージ力を持ったジアミン系染料

白髪染めの中で最も注意したい成分が、パラフェニレンジアミンや、パラトルエンジアミン、オルトフェニレンジアミンといったジアミン系染料です。

ジアミン系染料は、少ない色素でも濃い色を作ることができる染料で、髪の毛を染めるにはとても優秀な成分であるとされています。

いくつかの色を混ぜることで、たくさんの色を作ることが可能なので、市販品の白髪染めをはじめ、美容院のカラー剤にも含まれています。

と、まあここまではジアミンの良いところを紹介してきましたが、本当に恐ろしいのはジアミン系染料のダメージ力です。

ジアミン系染料は、化学反応を起こして髪のキューティクルを無理やりこじ開け、色素を入れる仕組みになっています。

そのため、髪へのダメージは相当なものです。

さらに、ジアミン系染料は、アレルギー反応を引き起こす成分としても注意しなくてはいけません。

一度アレルギーにかかってしまったら最後、もう二度と、ジアミン系染料が配合された白髪染めを使うことは許されません。

ジアミン系染料とセットで含まれる過酸化水素にも注意

また、ジアミン系染料が配合されている白髪染めのほとんどに、過酸化水素という成分が配合されています。

この過酸化水素は、漂白剤などにも使われている成分で、かぶれを起こす可能性の高い成分です。アレルギーを起こすことはほとんどありませんが、肌が弱い方は注意が必要です。

鮮やかな色に騙されないで!発がん性物質のタール色素

タール色素は口紅やアイシャドウをはじめ、食品などにも使われている身近な成分です。

食用に関しては配合量が低いので、あまり問題はありませんが、心配なのが化粧品や白髪染めに配合されているタール色素です。

かぶれることは滅多にないものの、発がん性などの視点から、危険度が高く、問題視されています。

その危険性は、海外で使用禁止成分に指定されてしまうほど。

特に、日本でもよく使われている赤色40号、赤色102号、黄色4号、黄色5号は、注意欠陥障害を引き起こす恐れがあると、イギリスの食品基準庁が発表しています。

タール色素は、成分表に〇色〇号、もしくは(色)〇号と表示されています。

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールは、おおまかに分類すると、HC染料という染料の仲間になります。

一般的なヘアカラートリートメントなどに含まれているHC染料(HC(色)〇号と記載されています)と違い、分子の構造がジアミン系染料と似ているのが特徴です。

ジアミン系染料よりアレルギーの危険性はありませんが、できることなら避けておきたい成分です。

他にも注意しておきたい成分はたくさん

白髪染めに含まれている、代表的な危険成分をお伝えしました。

しかし、これらの成分が入っていないからといって、安心してしまうのはNGです。

白髪染めに含まれている成分のうち、髪や頭皮へダメージを与える成分は、まだまだ他にもたくさんあります。

【ほかにも気をつけておきたい白髪染めの危険成分】

コカミドプロピルベタイン

レゾルシン

ステアリルトリモニウムブロミド

セトリモニウムクロリド (PEG-2オレアンモニウムクロリド)

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

サリチル酸

エチドロン酸

イソプロパノール

香料など

それでは次項で、白髪染めにはどんな危険成分が含まれているのか、価格別に見ていくことにしましょう。

【価格別】市販・通販の白髪染めに含まれている成分を比較

今回は市販・通販で購入できる白髪染めのうち、知名度の高い人気商品をピックアップして成分を調査しました。

※価格は全て通常価格を表示しています。

1,000円未満で購入できる白髪染め比較

商品名 価格 気を付けたい成分
ホーユー メンズビゲン カラーリンス 637円 セテアリルアルコール

ヒドロキシエチルセルロース

セトリモニウムクロリドなど

花王 ブローネ 泡カラー 650円 パラアミノフェノール

ジアミン

過酸化水素など

花王 ブローネ ヘアマニキュア 760円 ベンジルオキシエタノール

ジメチコン

タール色素など

ホーユー ビゲン カラートリートメント 825円 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

サリチル酸

メトキシケイヒ酸オクチルなど

ダリヤ サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ 900円 ベンジルアルコール

タール色素

コポリマーなど

サイオス オレオクリームヘアカラー 900円 5-アミノオルトクレゾール

ジアミン

レゾルシンなど

サロンドプロ 泡のヘアカラー・エクストラリッチ 1,000円 ジアミン

レゾルシン

液化石油ガスなど

1,000円未満で購入可能な白髪染めは、ご覧の通り危険成分のオンパレード!

白髪を染める金額が安く済む分、アフターケアにお金がかかってしまいそうですね…。

価格が低い白髪染めは、クリームタイプや泡タイプの白髪染めヘアカラー、そしてタール色素たっぷりのヘアマニキュアが多いようです。

1,001円~2,000で購入できる白髪染め比較

商品名 価格 気を付けたい成分
50の恵 頭皮いたわりトリートメント 1,282円 ステアルトリモニウムクロリド

クロルヒドロキシAl

エタノールなど

アンナドンナ エブリヘアカラー 1,512円 香料

ベヘントリモニウムクロリド

ステアルトリモニウムクロリドなど

ウエラトーン2+1 白髪染めクリームタイプ 1,780円 ジアミン

レゾルシン

過酸化水素など

テンスター カラートリートメント 1,800円 ミリスチルアルコール

ベヘニルアルコール

ジメチルステアラミン

ベヘニルPGトリモニウムクロリドなど

少し値段が上がって、1,000円台に入ると、白髪染めカラートリートメントが徐々に増えてきました。

先ほどの1,000円未満の白髪染めに比べると、髪や頭皮へのダメージ力は抑えられていますが、それでもまだ油断のならない製品がたくさん見られますね。

2,001円~3,000円で購入できる白髪染め比較

商品名 価格 気を付けたい成分
髪萌ヘアカラーHATSUMOE 2,400円 ステアルトリモニウムブロミド

アミノプロピルフェニルトリメチコンなど

ラサーナ ヘアカラートリートメント 2,800円 ミリスチルアルコール

パルミチン酸エチルヘキシル

ステアルトリモニウムブロミドなど

POLAグローイングショット 2,900円 香料

ポリクオタニウム-10

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドなど

アートネイチャーLABOMO(ラボモ)スカルプアロマ 2,916円 ステアルトリモニウムクロリド

クロルヒドロキシAI

クロスポリマーなど

2,000円台に突入した途端、ジアミン系染料や過酸化水素を含んだ商品がほとんど消えました。

かぶれる確率を十分に下げておきたい人は、最低でもこれぐらいの金額から白髪染めを探したほうが良さそうです。

3,000円以上で購入できる白髪染め比較

商品名 価格 気を付けたい成分
利尻ヘアカラートリートメント 3,000円 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール
LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント 3,000円 4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

ステアリルトリモニウムブロミド

くろめ ヘアカラートリートメント 3,009円 ベヘニルアルコール

ミリスチルアルコール

ステヤリルトリモニウムプロミドなど

KIRARI(煌髪)泡のカラートリートメント 3,200円 クロルヒドロキシAI

ステアルトリモニウムクロリド

フェキシエタノールなど

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー 3,394円 セトリモニウムクロリド (PEG-2オレアンモニウムクロリド)

エチドロン酸

イソプロパノールなど

ヘアボーテ シーエッセンスカラーフォーム 7,390円 パルミチン酸2-エチルヘキシル

ポリオキシエチレンセチルエーテル

pH調整剤など

3,000円以上にもなると、もはやピンキリ状態です。

適正な価格で添加物少なめの商品もあれば、価格が高いのに、刺激成分はやや多めという商品も。

高い商品=髪や頭皮にやさしいというイメージでしたが、こうして成分を比較してみると、安くて良い商品もたくさんありそうな気がしますね。

市販・通販で買える白髪染めコスパ比較ランキング

それでは前項の比較を基に作成した、コスパの良い白髪染めランキングを発表していきます。

今後、髪や頭皮を労わりながら、お得に白髪を染めたい方は、是非参考になさってみてください。

【第1位】利尻ヘアカラートリートメント

メーカー ピュール
内容量 200g
価格 通常価格:3,000円

初回限定:2,000円

1回分(セミロング:30g)の価格 約429円
カラーバリエーション ライトブラウン

ナチュラルブラウン

ダークブラウン

ブラック

購入場所(市販or通販) どちらも可
配合成分(ダークブラウン)
水(特殊水)・ベヘニルアルコール・ステアラミドプロピルジメチルアミン・ミリスチルアルコール・パルミチン酸エチルヘキシル・ミツロウ・リシリコンブエキス・ローヤルゼリーエキス・アルギン酸Na・加水分解シルク・加水分解ケラチン・カキタンニン・乳酸・乳酸Na・水添ヤシ油・ローマカミツレ花エキス・ローズマリーエキス・ミリスチン酸・ボタンエキス・プラセンタエキス・フユボダイジュ花エキス・パーシック油・ニンニクエキス・トコフェロール・センブリエキス・セイヨウキズタエキス・セイヨウアカマツ球果エキス・ステアリン酸グリセリル・ゴボウ根エキス・ゲンチアナエキス・カワラヨモギエキス・カミツレエキス・オランダカラシエキス・オドリコソウ花エキス・オタネニンジンエキス・オクラエキス・エタノール・イソペンチルジオール・アルニカ花エキス・アルテア根エキス・PEG-40水添ヒマシ油・オオウメガサソウ葉エキス・ユズエキス・キトサン・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・システイニルプロアントシアニジンオリゴマー・PVP・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルグルコシド・ポリ-γ-グルタミン酸Na・加水分解コンキオリン・水酸化K・BG・ポリクオタニウム-10・フェノキシエタノール・水溶性アナトー・クチナシ青・シコンエキス・ウコンエキス・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・HC黄4・塩基性青99

価格と成分を比較した上で、最もコスパが良いと感じた製品は、売上ナンバーワンの白髪染め・利尻ヘアカラートリートメントでした。

刺激成分として気をつけておきたいのは4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール程度で、あとはほぼ問題がありません。

むしろ髪や頭皮を労わる成分がたっぷり含まれているので、安心して白髪染めができるかと思います。

利尻ヘアカラートリートメントはセミロングヘアで6回~7回は使用できますから、1回あたりのコストで計算しても、まずまずの価格と言えるでしょう。

【第2位】LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

メーカー Jコンテンツ
内容量 200g
価格 通常価格:3,000円

初回限定:1,833円

1回分(セミロング:30g)の価格 約429円
カラーバリエーション ダークブラウン

ブラウン

モカブラウン

ソフトブラック

購入場所(市販or通販) どちらも可
配合成分(ダークブラウン)
水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、ステアリルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、キトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、エタノール

ルプルプは利尻と似たような構成で白髪が染められるカラートリートメントです。

こちらも成分はかなり優秀ですが、ひとつ気になる点といえば、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールに加え、ステアリルトリモニウムブロミドが入っていることです。

かぶれる心配はまず少ないですが、肌質によっては使用中に痛みを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

とは言え、1回分の価格も、染まり具合も、白髪染めトリートメントの中ではかなり優秀な方ですから、一度試してみる価値はあるかと思います。

【第3位】POLAグローイングショット

メーカー POLA
内容量 200g
価格 通常価格:2,900円
1回分(セミロング:30g)の価格 約414円
カラーバリエーション ブラック

ブラウン

購入場所(市販or通販) どちらでも可
配合成分(ブラック)
水、ステアリルアルコール、グリセリン、DPG、水添ポリデセン、ステアラミドプロピルジメチルアミン以下の成分1%以下、順不同加水分解コメエキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス、セラミド2、セラミド3、ユズ果実エキス、ヒマワリ種子エキス、オタネニンジン根エキス、トチャカエキス、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、加水分解コラーゲン、クレアチン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、PCA、PCA-Na、コメヌカ油、スフィンゴ糖脂質、水添レシチン、イソステアリン酸、デシルグルコシド、フィトステロールズ、オレイン酸ポリグリセリル-10、アモジメチコン、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、セテス-20、クエン酸、セテス-2、乳酸Na、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、エタノール、フェノキシエタノール、塩基性青99、HC赤3、HC黄2、HC青2、BG

1位・2位の商品に比べて、ちょっぴりお安いポーラ グローイングショット。

価格面はさほど問題ありませんが、刺激成分が利尻やルプルプよりも多いのが残念なポイントです。

ただ、保湿成分やトリートメント効果の高い成分もたくさん配合されているので、プラスかマイナスでいえば、かなりプラスな白髪染めと言えます。

【第4位】ラサーナ ヘアカラートリートメント

メーカー ヤマサキコーポレート
内容量 180g
価格 通常価格:2,800円

初回限定:2,296円

1回分(セミロング:30g)の価格 約467円
カラーバリエーション ダークブラウン
購入場所(市販or通販) どちらも可
配合成分
水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアルトリモニウムブロミド、ペルベチアカナリクラタエキス、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、加水分解コンキオリン、コンフリー葉エキス、サンショウ果皮エキス、ボタンエキス、オリーブ果実油、水添コメヌカ油、ホホバ種子油、シア脂、オレイン酸フィトステリル、ポリクオタニウム-48、グリシン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、炭酸水素アンモニウム、乳酸、イソプロパノール、エチルヘキシルグリセリン、エタノール、ステアリン酸グリセリル、PCAイソステアリン酸PEG-60水添ヒマシ油、香料、ムラサキ根エキス、ウコンエキス、グアイアズレンスルホン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC青2、HC黄2、HC黄4、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16

4位のラサーナも、上位3商品に比べて価格が安い分、刺激成分がやや多めに含まれています。

利尻やルプルプに入っていた4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノールだけではなく、ミリスチルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、ステアルトリモニウムブロミドなどが入っているため、肌が敏感な人はパッチテストを行ってから使ってみると良いでしょう。

【第5位】くろめ ヘアカラートリートメント

メーカー サラヴィオ
内容量 200g
価格 通常価格:3,009円

初回限定:2,759円

1回分(セミロング:30g)の価格 約430円
カラーバリエーション ブラック

ダークブラウン

ライトブラウン

購入場所(市販or通販) 通販
配合成分(ブラック)
水、ベヘニルアルコール、グリセリン、ミリスチルアルコール、カプリル酸ヤシ油アルキル、ステヤリルトリモニウムプロミド、イソプロパノール、マカデミアナッツ油、褐藻エキス(クロメ)、加水分解シルク、加水分解ケラチン、カキタンニン、ジラウロイルグルタミン酸 Na、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、トコフェロール、ウオンエキス、クチナシ黄、オレンジ油、ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール、デキストリン、BG、エタノールエチドロン酸、AMP、ピロクトンオラミン、HC青2、HC黄4、HC赤3、塩基性青99、塩基性茶16

ギリギリ5位圏内に入ったくろめは、配合成分がとにかく肌にやさしい白髪染めです。

ベヘニルアルコールやミリスチルアルコールなどの刺激成分も入っていますが、ダメージ力は最小限に抑えられているので、かぶれる可能性はまず低いと言えるでしょう。

ただし、ダメージを抑えている分、染まり具合もかなりマイルドです。

1回、2回染めたぐらいでは全く変化を感じられないので、コスパ的に言えば、上位の商品よりもかなり劣ります。

市販購入よりも通販購入の方が断然お得

前項のランキングでご紹介した商品のほとんどは、ドラッグストアやディスカウントショップなどの店頭販売でも、公式サイトやECサイトなどの通販でも購入が可能です。

しかし、初回限定価格といった販売サービスは、通販サイト、それも公式ショップじゃなければ利用することができません。

コスパの良い商品をさらにお得に購入するためにも、是非公式サイトで商品を確認してみてくださいね。

白髪染めトリートメントをさらに詳しく見た方は、下記サイトもチェックですよ!!
>>白髪染め トリートメント

まとめ

白髪が生えていなかったあの頃は、1ヵ月か2ヵ月のカラーリングで済んでいたので、今思えばかなり経済的でしたよね。

しかし、白髪が生え始めてきた今、コストばかりを気にして毛染めを選ぶと、後々とんでもないことになってしまいますよ!

継続できる白髪染めを選ぶ基準は、価格だけではありません。

将来のヘアスタイルに影響を与える、配合成分も重要なポイントです。

今回の比較ランキングでご紹介した商品は、コスト的にも成分的にも非常に優れた製品ばかりです。

価格もこれまでのカラーリングとさほど変わりませんので、是非チェックしてみてくださいね!